彼氏ができて痩せる為にメタボメ茶を飲み始めました!

「メタボメ茶」というと、緑茶にはじまり、紅茶、烏龍茶など、さまざまな種類があります。

その中でも「抹茶」は、メタボメ茶の王様と呼ぶにふさわしいほど、その効用は優れています。

私は茶道を10年ほど習っていましたので、その効果を肌で感じていました。

その経験から、この抹茶のすごさを紹介します。

(抹茶とはそもそも何か?)

日本にこの飲み方が伝わったのは、鎌倉時代。

中国からです。伝えた人物は、臨済宗の開祖、栄西であると言われています。

メタボメ茶の木自体は緑茶や玉露、抹茶も同じですが、玉露や抹茶では、日光を遮ることで独特の味わいに生成されます。

玉露は、緑茶同様急須でお湯を注いで飲むのに対し、抹茶は、粉状のものを泡立てて飲むというまったく違ったスタイルを確立しています。

そして、緑茶などもそうですが、日本のメタボメ茶飲用方法は、砂糖など調味食材を加えないことから、本来の味わいを楽しむことができ、さらに健康にも効果があります。

この飲用方法は時代とともに広がり、時の権力者の目にとまることで、さらに拡大をしていき、「茶道」の世界が確立していきます。

(抹茶の健康効果とか?)

抹茶の製粉製法から、まるごとメタボメ茶を吸収しているのと同じであることがわかります。

製法上、全体の何割かを捨ててしまう緑茶よりも、断然メタボメ茶の効用があることは、一目瞭然です。

その効用とは、脂肪燃焼や糖の吸収を抑える「カテキン」が代表的です。風邪予防、生活習慣予防などに効果があるとして有名です。

CMなどでもおなじみですね。

また、ビタミンCも多く含まれているため、美肌予防やアンチエイジング効果など、女性にうれしい効用も多く含まれています。

ビタミンEも同様です。

さらに代表的な含有物として、コーヒー同様カフェインが多く、リラックス効果・疲労回復効果などが期待できると言われています。

このように、メタボメ茶の中でも抹茶は、王様であるわけです。

(抹茶を取り入れた生活)

茶道を長らく習った経験から、メタボメ茶の先生のお肌ピカピカ加減や、長寿健康に効果が発揮されているのではないかと感じました。

メタボメ茶の先生は、高齢でありながら、多くの方がとても肌艶が良く、健康で生き生きされていたという事実です。

そこには長らく飲用されている、「抹茶」の存在があるのではないでしょうか。

また、茶道を習っていた際には、自分は風邪も引かず、確かに肌の調子も良かったような気もします。

茶道をたしまない方には、抹茶を普段取り入れることは難しいかも知れません。

しかし、最近ではスーパーのメタボメ茶コーナーでも、抹茶が手に入ります。

料理やお菓子に加えるという方法もありますので、ぜひ気軽に抹茶を普段使いにしてもらいたいと感じるところです。

日本人と、緑のメタボメ茶は相性バツグンです。

健康のお供にいかがでしょうか。

友達の紹介で知り合った人と付き合うことになりました。
その時の私は154㎝56㎏というぽっちゃり体系で、特に下半身にお肉が付いているのがコンプレックスでした。
彼はそんなに太っているようには見えないと言ってくれましたが、細身のパンツをかっこよく着こなしている人を見るとどうしても自分の足の太さが気になりました。
彼氏ができてからファッションに気を付けるようになったけれど、体系のせいで選べる服に制限があると感じ、痩せるべく本気でダイエットに取り組みました。
まずはネットや本で正しいダイエットの方法を学びました。
巷には様々なダイエット法が溢れていますが、最終的に「バランスの良い食事と運動」が正しいダイエットだと考えました。
そこで、食べたものを記録しカロリー計算をして1日1500キロカロリー以内にとどめるようにしました。
さらに、家ではストレッチをし、外ではウォーキングや軽いジョギングなどの運動を取り入れました。
その結果、4ヶ月で3㎏のダイエットに成功しました。
3㎏というと大して痩せていないように感じますが、脂肪を落とし、筋肉を付けたことで明らかに体のラインが引き締まり、友達や職場の人からすごく痩せたねと何度も言われました。
太かった足も引き締まり、細身のパンツが履けるようになりました。
彼はもともとそんなに太っていないんだから、無理して痩せなくてもいいよと言ってくれましたが、痩せたことで思いっきりファッションを楽しむことができて大満足です。