メタボメ茶の成分と飲み方

top

メタボメ茶の成分や飲み方

メタボメ茶は、4つのお茶をブレンドしてできています。
プーアル茶、黒豆、杜仲茶、ウーロン茶の4種類ですが、
これらは何を含んでいるのでしょう?

・大豆イソフラボン、サポニン

メタボメ茶のベースとなる黒豆は、
大豆イソフラボンやサポニンを豊富に含んでいます。

イソフラボンは体内で、女性ホルモンと同じような働きをします。
このため、更年期などのホルモントラブルに効果があります。
美容にも効果が高く、化粧水などにも配合されています。

・重合カテキン

重合カテキンとは、カテキンが重なり合って
組成されているものです。
細胞の酸化を防ぐ効果があります。

・ミネラル

身体を健やかに保つのに必要な成分です。
ミネラルが不足すると、体調不良などの原因になります。
メタボメ茶は、ミネラルを豊富に含む杜仲茶を
ブレンドしていますので体調管理にも効果的です。

・ポリフェノール

抗酸化物質として名高い物質で、
細胞の老化を防ぐ効果があります。
メタボメ茶はポリフェノールが豊富な烏龍茶を
ブレンドしています。

すっかり冬めいて、だんだん温かい飲み物が恋しくなってきました。

松屋やなか卯などの食事処もだんだん温かいお茶を出すようになってきましたね。

冷え切った体に一番うれしいご褒美となっています。

温かいお茶を飲みながら美味しい料理を待つというのも、外食の一つの醍醐味ですよね。

松屋とかセルフの給茶機が置いてあるからなおうれしいです。

のどが渇いてたりすると湯呑に3杯とか普通にお茶をいただいてしまいます。

しかもメタボメ茶ってのがミソなんですよね。

普通給茶機があっても麦茶や緑茶、珍しいところでほうじ茶かなって思うんですが、自宅近くの松屋ではメタボメ茶が飲めるんです。

メタボメ茶はひそかに好きだし、そんなに頻繁に飲めるものでもないので、松屋の給茶機は重宝してますね。

たまにメタボメ茶目当てに松屋を訪れます。

また、自分の職業上浄霊の意味合いを兼ねて緑茶やほうじ茶、メタボメ茶を飲むこともあります。

緑茶には魔除けの効果も多少なりともあるんですよ。

肝試しに行く前や心霊スポットを訪れる際に持ち歩くと非常に便利です。

もちろんスポットに近づく前に飲まないと意味がないですけどね。

振りかけるなら塩、憑依予防に緑茶やほうじ茶を飲むと覚えとくといいかもしれません。

温かいものをお持ちくださいませ。

ただし、邪悪度によってはさほど効果が得られないことがあるのでご注意ください。

寒くなろうが日常的に散歩は欠かしたくないので、お供はやっぱり温かいお茶ですね。

大概の場合自販機で買うんですが、最近コンビニも活用しています。

コンビニの品ぞろえはなかなかユニークでいいですよね。

メイプルミルクティーなんてものを発見したので興味本位で飲んでみました。

メイプルを使った飲み物ってなかなかないですからね。

いつもならメタボメ茶はストレートかレモンティーにして飲むことが多いんですが、このメイプルミルクティーはそんなにミルクミルクしてなくて飲みやすいんです。

自分に合ったミルクティーを発見した感じがしてうれしかったですね。

コンビニのペットボトルは自販機で買うより内容量が多いのも魅力的です。

かじかんだ手ですっぽり覆い隠せる大きさなので、ホッカイロ代わりになるのもありがたいです。

散歩中ほっと一息吐きたいときに飲みたくなりますよね。

今はどこでもお茶が買えるいい世の中になりました。

自宅ではもっぱらティーパックのお茶であったまりますが、たまには茶葉から入れるのも乙ですよね。

ルピシアのメタボメ茶が好きなので、茶器を用意して近々本格的に淹れてみたいと思います。

作り方はとっても簡単です。ティーバッグを急須や
ポットに入れるだけです。2,3回同じティーバックで
入れることができるので、とても経済的。

温かいうちに飲むのがお勧めですし効果的です。

口コミでも多くの方がこの飲み方を実践されているようです。
普段のお茶の代わりにするだけなので、
手軽に始めて続けられます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*